インスペクション検査とは?

インスペクションとは、建築士等の検査人が「住宅検査」や「建物診断」を行うことです。

不動産業界における導入の目的は、インスペクション(建物状況調査)の活用を促し、売主も買主も安心して取引ができる中古住宅流通市場を構築することをめざしたものです。

インスペクションについては、平成28年5月に成立した「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」の改正内容に盛り込まれており、平成30年4月1日から施行されました。

具体的な改正内容としては

  1. 宅建業者が売主(既存住宅の売り手)と媒介契約を締結する際に、建物状況調査を実施するインスペクターを斡旋できるかどうかを記した事項を含めた媒介契約を行います。

  2. (既存住宅の)買主等に対して、建物状況調査の結果を重要事項として説明する必要があります。

  3.  売買契約成立時に、売主に建物状況を確認した事項を記載した書面を買主に交付しなければならなくなりました。

上記の3点が宅建業者に義務付けられました。

但し建物状況調査(インスペクション)は、義務化されていませんので、建物検査を受けていない場合には、受けていない旨を記述する事になります。

インスペクションの業者は、売りたいがために検査を甘くするといったことが起こらないよう

  1. 売買仲介業者とインスペクション業者は、明確に分けられます。

  2. インスペクションは、第三者的な建築のプロに検査診断させること

が求めらます。

インスペクション検査を行うメリットとは

中古戸建・中古マンションを売りたい方にとってのインスペクションのメリット。

  1. 購入者に安心感を与えることで販売しやすくなる。

  2. 購入後のクレーム・トラブルを減らすことができる。

  3. 販売前に補修・リフォームすべき箇所がわかる。

購入者側の予想されるメリット。

  1. 独自の検査項目のチェックシートで専門家が検査するので安心感が増す。

  2. 不具合や改善点、補修が必要な箇所がわかるので、リフォーム含めた購入の総予算を出しやすい。

  3. 不具合は報告書という形で告知されるので、入居後に発生しうるトラブルをお互いに予防できる。

  4. 中古住宅の大まかな状態を知った上で購入するか否かを判断できる。

  5. 報告書はリフォームや修繕工事を依頼するときの参考になる。

  6. 報告書は将来の売却時に「住宅履歴」として利用することができる。

※上記のメリットはあくまで想定したものであり、メリットを保証するものではありません。

このように中古戸建・中古マンションを売買する際に、大きな安心が得られるインスペクション検査を、

弊社では媒介契約を結ばせていただいたお客様に対し原則インスペクション検査を弊社の費用負担で行います。

 

※インスペクションを行う条件については、築年数や販売予定金額等がございますので、担当者までお問合せ下さい。